海外旅行保険の選び方

クレジットカードに海外旅行保険が付いているので、わざわざ加入する必要はないと考える人がいます。
しかし、カード会社によっては、カードで旅行代金を支払わないと旅行保険が付かない条件付帯のケースがあります。
カードを持っているだけで海外旅行保険が自動付帯されていると思うと大きな落とし穴があります。

また、仮にカード自動付帯であっても、病気死亡がない、治療費用が小額、携行品損害に免責が設定されているなど補償に制限がある場合が多いので注意が必要です。最近では、自分に必要な補償だけを選択しオーダーメイドできるタイプの商品も各社から出ていますので、クレジットカード補償の不足分だけを補てんして加入する手もあります。
無駄のない賢い海外旅行保険の選び方かもしれません。

保険加入時には、保険が支払われるケースとあわせて、補償されないケースも確認してみてください。
この時に、荷物の盗難は保険対象でも、置き忘れ、紛失は対象外だと理解しておくだけで、
旅行中のトラブル防止に役立つはずです。

現地でケガや病気になった場合、保険証券の提示だけでキャシュレスで受診できる病院が現地にどの程度あるか?
電話で24時間サポートが受けられるか? 現地でもスタップが対応してくれるのかなど?
海外でのサポート体制を確認しておくのも海外旅行保険の大切な選び方です。

国内ではあまり知られていない保険会社ですが、エース損害保険は世界的に有名な保険会社です。
特に日本人でも利用する機会が多いであろうものが海外旅行保険です。
エース損害保険がかなり力を入れている部門になりますので、大体の旅行代理店で海外旅行保険を勧めてくるときはエース損害保険だったりします。
治療費用・救援費用の無制限プランや「旅行中の事故による緊急費用」補償など万が一を考えたら最高の内容だといえます。